「コンクリート構造物の
長期性能シミュレーションソフト作成委員会」
報告会(LECCA 2-RWおよびLECCA 2-Std)
—参加募集—

開催日: 東京会場 2016年9月13日(火)
大阪会場 2016年10月26日(水)

主催:公益社団法人 日本コンクリート工学会

「コンクリート構造物の長期性能シミュレーションソフト作成委員会」(委員長:武若耕司・鹿児島大学大学院教授)では、2005年にマクロ環境データベースおよび環境外力評価プログラムに簡易劣化予測機能を加えた「コンクリート構造物の長期性能シミュレーションプログラムVer.1(LECCA1)」を、2010年には環境外力評価だけでなく、中性化、塩害あるいは凍害による劣化現象の経時変化を2次元定量的に捉えることのできる「Ver.2(LECCA 2)」を、2012年には一般技術者向けに、LECCA 2における解析モードを実務レベルで必要な範囲に限定した「LECCA 2Lite」を関発・公開いたしました。
その後、塩害を対象とした環境外力評価をより詳細に行うために、橋梁上部工の周囲における風速場の解析とランダムウォーク法を組み合わせた数値解析により、橋梁上部工の各面に付着する塩分量を計算することのできる「LECCA 2-RW」を、さらには従来のLECCA 2にLECCA 2-RWの結果を取り込めるようにした「LECCA 2-Std」を開発いたしました。
これらのソフトウェアは、コンクリート構造物の長寿命化が求められている現在において、設計・施工・維持管理を実施する上で、多くの場面でご活用いただけると思っています。標記報告会では、「LECCA 2-RW」および「LECCA 2-Std」の機能と特徴を詳しくご説明するとともに、体験利用により実際に使用性をご確認いただける時間も設けております。多数の皆様のご参加をお待ちしております。
なお、本報告会にご参加いただいた方は、10%割引にてソフトウェアをご購入いただけます。


1. 開催日時: 東京会場 2016年9月13日(火)13:00〜17:00
大阪会場 2016年10月26日(水)13:00〜17:00
2. 開催場所: 東京会場 東京理科大学 森戸記念館第1フォーラム
(東京都新宿区神楽坂4-2-2)
大阪会場 大阪工業大学 うめきたナレッジセンター
(大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC9階)
3. プログラム(予定):
(1)LECCAシリーズの概要報告
(2)「LECCA 2-RW」の概要報告
1)「LECCA 2-RW」の概要と特徴
2)条件設定、解析処理、図化処理の概要
3)解析事例の紹介
(3)「LECCA 2-Std」の概要報告
1)「LECCA 2-Std」の概要と特徴
2)条件設定、解析処理、図化処理の概要
3)解析事例の紹介
(4)ソフトのデモンストレーション
希望の方は会場で本ソフトを体験利用できます。
(なお、本報告内容は都合により変更することがありますので、あらかじめご了承ください。)
4. 参加費: 消費税込み、配布資料含む。
正会員(個人) 4000円
団体会員※1 4000円
会員外 5000円
学生※2 2000円
※1 本学会団体会員の役員・職員
※2 学生の方は学生証のコピーを申込み時に必ず同封してください。
5. 申込方法:
1) 参加費を郵便局備付けの払込取扱票にて下記口座へ払い込みください(払込手数料は申込者にてご負担願います)。
振替口座番号:00120-5-99133(加入者名:公益社団法人日本コンクリート工学会)
*通信欄に報告会名・参加者氏名を必ず明記してください。
*納入された参加費は、定員に達しお断りした時以外はお返しいたしませんので、あらかじめご了承ください。
2) 参加申込書に必要事項を記入のうえ、前記1)で郵便局から発行される払込受領証のコピーを貼付し、送付先を明記した82円切手貼付の返信用封筒を同封し、下記申込先へ郵送してください。折り返し同封の返信用封筒により参加証をお送りします。
6. 申込締切: 定員(東京会場:100名、大阪会場:100名)になり次第、締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
7. 申込先: 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル12F
公益社団法人日本コンクリート工学会
「長期性能ソフト報告会」係(担当:柴田)
TEL:03-3263-7204/FAX:03-3263-2115
E-mail:shibata@jci-net.or.jp

ページの先頭へ