Workshop in 23rd ISO/TC 71 Plenary Meeting
—参加募集—

開催日: 2017年9月25日(月)
申込締切: 2017年9月20日(水)
主催: 公益社団法人 日本コンクリート工学会
共催: ISO/TC71

ISO/TC71(Concrete、 reinforced concrete and prestressed concrete)では、以下の7つのSC(分科会)でコンクリートやコンクリート構造物に係るISO規格を策定しています。
SC 1:Test methods for concrete
SC 3:Concrete production and execution of concrete structures
SC 4:Performance requirements for structural concrete
SC 5:Simplified design standard for concrete structures
SC 6:Non-traditional reinforcing materials for concrete structures
SC 7:Maintenance and repair of concrete structures
SC 8:Environmental management for concrete and concrete structures
ISO/TC 71には、現在、P(参加)メンバー36カ国およびO(オブザーバー)メンバー59カ国が参加しており、これまで46のISO規格(https://www.iso.org/committee/49898.html)を発行しています。
ISO/TC 71はほぼ1年に一回、分科会および総会を開催しています。日本では2000年に東京で開催されましたが、この度第23回会議を17年ぶりに日本(札幌)で開催することになりました。この会議では、初日の午前中にISO規格に係るワークショップを実施するのが恒例となっております。今般、このワークショップを一般に公開することにいたしましたので、ふるってご参加いただきますようお願い申し上げます。


1. 開催日時: 2017年9月25日(月) 9:00〜11:50
2. 開催場所: 北海道大学学術交流会館
(札幌市北区北8条西5丁目)
3. プログラム: ワークショップテーマ:規格・基準とサステイナビリティ思考
(1)趣旨説明
日本サステイナビリティ研究所・代表
堺孝司(ISO/TC 71/SC8議長)
(2)ISO 13315(コンクリート及びコンクリート構造物の環境マネジメント)規格群の現況と展開
同上 堺孝司(前掲)
(3)ライフサイクルマネジメント規格開発の概要
北海道大学大学院・教授
横田弘(ISO/TC 71/WG1主査)
(4)fib Model Code 2020の開発展望
北海道大学大学院・教授
上田多門(ISO/TC 71/SC6議長)
(5) ACI Building Code for Structural Concreteの現況と展望
米国・ミシガン州立大学・教授
James K.Wight(ISO/TC 71/SC4議長)
(6)建築物の地震被災後利用設計の展望
名古屋大学大学院・教授
勅使川原正臣(ISO/TC 71/SC5/WG8主査)
(注:プログラム内容は変更することもあります。)
4. 参加費: 無料
5. 申込方法: Eメールにて、氏名・所属・電話番号・Eメールアドレスを明記のうえ、申込専用Eメールアドレス(iso_tc71_ws@jci-net.or.jp)へお送りください。なお、分科会および総会への参加登録者は、この申込みは不要です。
6. 申込締切: 2017年9月20日(水)受信分まで受け付けます。ただし、定員(100名)になり次第、締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
7. 問合せ: 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル12F
公益社団法人 日本コンクリート工学会
「ISO/TC 71総会ワークショップ」係
(担当:高田)
TEL:03-3263-1571/FAX:03-3263-2115
(申込みは上記の申込専用Eメールアドレスへ)

ページの先頭へ