コンクリートサステイナビリティに
関するシンポジウムX
—コンクリートに関する
環境マネジメントJISを活用して
技術革新を!—
—参加募集—

開催日:2017年10月6日(金)

主催: 公益社団法人 日本コンクリート工学会
後援:
(予定)
土木学会、日本建築学会、日本建設業連合会、建設コンサルタンツ協会、プレストレストコンクリート工学会、全国生コンクリート工業組合連合会、コンクリート用化学混和剤協会、骨材資源工学会、セメント協会、全国コンクリート製品協会、鐵鋼スラグ協会、日本鉱業協会、日本コンクリート診断士会、日本フライアッシュ協会

ISO/TC71/SC8(コンクリート及びコンクリート構造物の環境マネジメント)(議長:堺孝司)は、2007年の創設以来、コンクリート関連分野の環境規格の開発を行っています。これまで、ISO 13315-1(一般原則)、ISO 13315-2(システム境界及びインベントリデータ)、およびISO 13315-4(コンクリート構造物の環境設計)を発行していますが、このたび、ISO 13315-1とISO 13315-2が、それぞれJIS Q 13315-1およびJIS Q 13315-2として経済産業省・国土交通省共管でJIS化されました。そこで、JCIのサステイナビリティ委員会(委員長:野口貴文)・コンクリートサステイナビリティフォーラム(議長:堺孝司)は、これらのJISの普及を図り、その活用によるコンクリート関連技術の革新を推進するためのシンポジウムを開催することにしました。
本シンポジウムでは、ISO/TC71/SC8の活動概況、JIS Q 13315-1およびJIS Q 13315-2の解説に加えて、サステイナビリティフォーラムメンバー団体によるこれらの適用例が紹介されます。これまで、環境の重要性は認識していても、それらを具体的にどのように扱うかについては十分理解されていませんでした。今回のJISの発行で、コンクリートに係る環境影響を算定する際の合理的な共通のルールが与えられることになり、誰でも誤解なく環境影響を取り扱うことができるようになりました。国土交通省は、温室効果ガスに関するパリ協定を踏まえて、本年3月「環境行動計画」を改訂しました。この計画を実施する上で本JISは基本的なシステムインフラとして重要な役割を果たすことになります。
こうした環境影響の定量的な評価は、現状を認識し、環境負荷低減のための工夫や技術開発に繋がることになり、その社会的影響は極めて大きいと思われます。日本が主導してきたコンクリートに係るISO環境規格がJIS化され、それらの利用による展開においても日本から新しい「潮流」を起こすきっかけにしたいと考えていますので、ふるってご参加ください。


1. 開催日時: 2017年10月6日(金) 13:00〜17:00
2. 開催場所: 東京大学 情報学環・福武ホール
(東京都文京区本郷7-3-1)
3. プログラム:
(1) 開会挨拶(13:00〜13:10)
堺孝司(サステイナビリティフォーラム議長)
(2) 講演(13:10〜14:25)
  • JIS Q 13315-1の概要
    堺孝司(前掲)
  • JIS Q 13315-2の概要
    サステイナビリティ委員会・委員長 野口貴文
  • 国土交通省「環境行動計画(H29改定)」の概要とISO/JIS規格の役割
    堺孝司(前掲)
14:25〜14:35 <休憩>
(3) JIS Q 13315-2に基づくCO2等排出量の算定例(14:35〜16:25)
  • 日本コンクリート診断士会 木村克彦
  • 骨材資源工学会 荻田耕助
  • セメント協会 高橋茂
  • コンクリート用化学混和剤協会 瀧澤明次
  • 日本建設業連合会 川端裕司
  • 日本フライアッシュ協会 高橋守男
  • 鐵鋼スラグ協会 當房博幸
  • 日本鉱業協会 田中正幸
  • 生コンクリート 宇都宮大学・藤本郷史
(4) 総括(16:25〜16:50)
堺孝司(前掲)
(5) 閉会挨拶(16:50〜17:00)
野口貴文(前掲)
(注:プログラム内容は変更することがあります。)
4. 参加費: 消費税込み、配布資料含む。
正会員(個人) 4000円
団体会員※1・ 後援団体※2・3・4 5000円
会員外 6000円
学生会員※5 3000円
学生会員外※5 3000円
※1 本学会団体会員の役員・職員
※2 後援団体の個人会員および役員・職員
※3 セメント協会加盟会社の役員・社員および同協会の役員・職員
※4 全国生コンクリート工業組合連合会、各地生コンクリート工業組合およびその組合員会社の役員・職員
※5 学生の方は学生証のコピーを申込み時に必ず同封してください。
5. 申込方法:
1) 参加費を郵便局備付けの払込取扱票にて下記口座へ払い込みください(払込手数料は申込者にてご負担願います)。
振替口座番号:00120-5-99133
(加入者名:公益社団法人日本コンクリート工学会)
*通信欄にシンポジウム名・参加者氏名を必ず明記してください。
*納入された参加費は、定員に達しお断りした時以外はお返しいたしませんので、あらかじめご了承ください。
2) 参加申込書に必要事項を記入のうえ、前記1)で郵便局から発行される払込受領証のコピーを貼付し、送付先を明記した82円切手貼付の返信用封筒を同封し、下記申込先へ郵送してください。折り返し同封の返信用封筒により参加証をお送りします。
6. 申込締切: 定員(200名)になり次第、締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
7. 申込先: 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル12F
公益社団法人日本コンクリート工学会
「サステイナビリティシンポ」係
(担当:平石)
TEL:03-3263-7204/FAX:03-3263-2115
E-mail:hiraishi@jci-net.or.jp

ページの先頭へ