中部支部 講演会
「土木・建築分野の生産性向上技術の
現状と将来」
—参加募集—

開催日: 2018年1月26日(金)
申込締切: 2018年1月16日(火)
主催: 日本コンクリート工学会 中部支部
後援: 土木学会中部支部、コンクリート技術支援機構、中部セメントコンクリート研究会

近年、国土交通省の「i-Construction」を始めとして、各所で建設あるいは維持管理の現場における生産性向上の重要性が指摘されており、高流動コンクリート、プレキャストコンクリートの利用など、新材料・新工法の導入から、BIM(Building Information Modeling)、CIM(Construction Information Model-ing)、ICT(Information and Communication Technology)、AI、自動化施工技術の導入に関する試みが活発に行われており、今後の土木・建築分野の現場は劇的に変化していくことが予想されます。本講演会では、既に始まっている上記の新技術の開発適用および課題に関して、それぞれの分野のキーパーソンにご講演をしていただきます。

1. 開催日時: 2018年1月26日(金) 13:00〜16:20
2. 開催場所: 名古屋大学ES総合館ESホール
(名古屋市千種区不老町)
地下鉄名古屋大学2番3番出口より徒歩5分
3. プログラム:
13:00〜13:05 開会挨拶
岐阜大学 内田裕市教授
13:05〜14:05 「施工段階におけるBIMの活用」
前田建設工業(株) 曽根巨充氏
14:05〜15:05 「プレキャストコンクリート・現状と課題」
オリエンタル白石(株) 二井谷教治氏
15:05〜15:15 <休憩>
15:15〜16:15 「土木・建築分野へのAIの応用と未来像」
愛媛大学 全邦釘先生
16:15〜16:20 閉会挨拶
4. 定員: 150名 講演会の参加者は会員以外でも可。
5. 参加費: 無料
6. 申込方法: 氏名、所属(勤務先、学校名)、同所在地、電話番号、E-mailアドレスを明記のうえ、下記の申込先までメールまたはFAXにてお申し込みください。
7. 申込締切: 2018年1月16日(火)
ただし、定員になり次第、締め切ります。
8. 申込先: 〒464-8603 名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院工学研究科
土木工学専攻構造・材料工学講座内
日本コンクリート工学会 中部支部
(担当:松波)
TEL/FAX:052-789-4635
E-mail:branchi_chubu@jci-net.or.jp
9. その他: 本講演会はCPD認定プログラムです。

ページの先頭へ