1. コンクリート基本技術調査委員会委員会ホームページ
    本委員会は、コンクリート施工における「準備工」、「製造」、「コンクリート工」、「養生」および「品質管理および検査」などの一連のコンクリート技術ごとにWG を編成し、それぞれに関連する基本技術と新技術を整理し情報発信を行うことを目的としている。2017年度は、製造WGにおいてコンクリート製造時の課題と対応について情報発信を行い、養生WGはこれまでにまとめた基本技術と応用技術の成果を報告会として公表する。

  2. コンクリート構造物の長期性能シミュレーションソフト作成委員会
    WG1(環境評価WG)とWG2(劣化評価WG)を設置して劣化シミュレーションソフトの開発活動を行う。WG1では、実測値を活用したシミュレーション精度結果の高度化、塩分発生および飛来に関する予測プログラムの高度化、3次元計算手法の導入に向けてのフィジビリティスタディ、および凍結防止剤による塩害の定量化手法の検討を行い、WG2では、塩害と中性化の複合劣化、コンクリート中の水分の影響、および鉄筋のマクロセル腐食の予測プログラムへの導入を図るとともに、補修材の特性値を求めるための評価試験方法の検討を行う。

  3. サステイナビリティ委員会
    教科書検討WG、評価指標検討WG、評価ツール検討WG、環境意識向上方策検討WG、およびサステイナビリティフォーラムで活動を行う。教科書検討WGでは、試験問題の精査、応用問題の作成、および教科書の改訂を行い、評価指標検討WGでは、サステイナビリティ宣言文8項目に対する指標を取り纏めるとともに、講習会・パネルディスカッションを実施し、評価ツール検討WGでは、JIS Q 13315-2 に対応するとともに使用者の利便性を考慮した評価ツールの開発を行い、環境意識向上方策検討WGでは、官公庁・業界と環境問題に関する意見交換を行うとともに、資格制度等の構築に向けた基本的な検討を行い、サステイナビリティフォーラムでは、年2回のシンポジウムの開催および2014年に発刊した「コンクリートサステイナビリティフォーラム報告書」の改訂を行う。

  4. 危急存亡状態のコンクリート構造物対応委員会委員会ホームページ
    共通試験WGおよびモニタリングWGを設置して活動を行う。共通試験WGでは、端島に暴露した様々な補修を施した鉄筋コンクリート試験体を対象に、「端島(通称「軍艦島」)における補修材の効果検証に関する共通試験実施についての基本覚書」に則って、定期的に劣化の進行状況、および物理的・化学的な変化を観察・測定・分析し、塩害劣化の進行・抑制のメカニズム、および各補修の効果を明らかにする。モニタリングWGでは、端島に残存する自然倒壊が間近に迫っている建築物を対象に、遠隔地モニタリングを実施して自然倒壊の過程を詳細に記録・分析・解析し、鉄筋コンクリート構造物の自然倒壊メカニズムを明らかにする。

  5. コンクリート圧送技術調査委員会
    本委員会は、コンクリート圧送工事における品質と安全性の確保に資する計画を実現できる技術を整理し、土木および建築に共通の圧送圧力の算定方法を提案し、工事内容に応じた適切な機種選定ができる方向性を示すことを目的とする。2017年度は、コンクリートの圧送工事における品質確保の課題の抽出と対策案の検討を実施し、同時に安全性を確保するための圧送計画を検討する。

ページの先頭へ