Topics


2017年度「研究助成金と
国際会議への参加助成金」候補の募集

締切日:2017年11月6日(月)

公益社団法人 日本コンクリート工学会

優れたコンクリート工学に関する研究の遂行および論文発表を行う国際会議への参加費用の補助を行う助成金事業を実施します。
以下の要領で公募しますので、ふるってご応募ください。

  1. 助成金事業の内容:
    (種類)
    助成金の種類は、(1)研究助成および(2)国際会議の参加助成の2種類とします。
    (対象者)
    (1)研究助成の対象者は、組織に所属する個人研究者(学生含む)または研究グループとし、研究は、既に遂行中あるいは今後に開始する研究であってもかまいません。
    (2)国際会議参加助成の対象者は、組織に所属する個人研究者(学生含む)とし、既に論文が完成しているものを対象とします。
    (1)、(2)いずれも対象者の本学会の会員、非会員は問いません。また、国籍は問いません。ただし、所属の組織は日本国内の学校、企業、等に限ります。
    なお、本学会の助成を受けた方は、助成を受けた翌年から2年間は申請できません。
    (対象者の年齢)
    (1)研究助成の対象者の年齢(研究グループの場合は代表者の年齢)は50歳以下とします。
    (2)国際会議参加助成の対象者の年齢は、40歳以下とします。
    (1)、(2)いずれも年齢は2018年4月1日時点とします。
    (交付先)
    助成金は個人研究者(学生含む)または研究グループの所属する組織に交付するものとし、助成金の振込先は、所属組織の口座とします。
    (交付日)
    助成金の交付は、2018年3月(予定)とします。
    (件数)
    (1)研究助成の件数の限度は15件以内、(2)国際会議参加助成の件数の限度は10件以内としますが、予算状況等により年度ごとに採択件数は変わるものとします。
    (金額)
    (1)研究助成の助成金額は、実験消耗品費、旅費・交通費、その他を考慮対象費目として、1件当たり100万円以下とします。
    (2)国際会議参加助成の助成金は、参加費と旅費(宿泊費含む)の補助として、アジア地域は1件当たり30万円以下、アジア地域以外は1件当たり50万円以下とします。ただし、年1回の渡航のみに充てるものとします。なお、国内開催の国際会議の場合には、参加登録料を上限とします(JCIが主催、共催の場合は除く)。
    (採否)
    採否の選考は、助成金審査委員会が審査し、2017年12月の定例理事会で決定します。
    (成果の公表)
    (1)研究助成金を授与された方は、研究助成報告書を提出していただきます。なお、年次大会において研究成果を論文にまとめてコンクリート工学年次論文集に投稿することを推奨します。また、本学会の会誌コンクリート工学論文集ACT、他学会論文集など(一編につき2名以上の査読者のいる論文集)へ投稿することも推奨します。なお、投稿に際しては、当該論文集には本学会から助成があったことを必ず記載していただきます。
    (2)国際会議参加助成金を授与された方は、国際会議参加助成報告書を提出するとともに会誌「コンクリート工学」の国際情報等に投稿していただきます。
    (成果の公表期限)
    成果の公表期限は助成金交付後3年以内とします。
  2. 提出資料:
    (1)研究助成:申請書および関連資料(必要であれば)
    (2)国際会議参加助成:申請書、発表予定論文の写しの他、論文発表予定者であることを確認できる書類(例、採択通知の写し、等)
    1)、2)の申請書は、下記よりダウンロードしてください。
    1)2017年度研究助成金申請書(Wordファイル)
    2)2017年度国際会議参加助成金申請書(Wordファイル)
    (注)参考として必要があれば、関連資料をPDFにして上記申請書と一緒にメールで送付してください。
  3. 応募方法:
    提出資料の(1)または(2)を下記申込先のメールアドレスに送ってください。
  4. 応募締切:
    2017年11月6日(月)17時まで
  5. 申込先:
    公益社団法人日本コンクリート工学会
    「助成金事業」係(担当:井上/加藤)
    E-mail:josei@jci-net.or.jp
    TEL:03-3263-7204/FAX:03-3263-2115
  6. その他:
    (1)採否の通知は、申請者本人、但し学生の場合は指導教員に郵送にて通知します。助成が決定した対象者名は、JCIホームページに2018年1月中旬に、会誌「コンクリート工学」同年2月号に掲載します。
    (2)採択者には、2018年3月本学会会議室にて開催の助成金交付式において詳細な説明を行います。

ページの先頭へ