「コンクリートサステイナビリティ委員会」
報告会
—10年の総括と展望—
(オンライン形式)
—参加募集—

配信期間: 2021年3月24日(水)
申込締切: 2021年3月11日(木)
主催: 公益社団法人 日本コンクリート工学会
後援:
(予定)
土木学会、日本建築学会、日本建設業連合会、建設コンサルタンツ協会、プレストレストコンクリート工学会、全国生コンクリート工業組合連合会、コンクリート用化学混和剤協会、骨材資源工学会、セメント協会、全国コンクリート製品協会、鐵鋼スラグ協会、日本鉱業協会、日本コンクリート診断士会、日本フライアッシュ協会

日本コンクリート工学会は、2010年にコンクリートサステイナビリティ委員会(委員長(当時):堺孝司・香川大学教授)を設置し、2012年にコンクリートサステイナビリティ宣言を行い、宣言のフォローアップのためにフォーラムを創設しました。サステイナビリティ委員会は、サステイナビリティ思考の普及のために、国際会議の創設と、コンクリート技術者に学習の機会を提供する資格制度を構築することを目的に立ち上げました。それから10年経って、新聞紙面は、地球温暖化や再生エネルギー関連の記事が頻繁に取り上げられています。2019年10月の台風による豪雨で、多くの被害が発生し、日本の脆弱さがさらけ出されています。地球温暖化による海水温の上昇が大きく影響していると見られています。一方、この四半世紀で4つの大地震が発生しました。将来、東南海地震や首都直下地震が予測されています。これは、サステイナビリティのコアが地球温暖化対応とインフラ・建築物の強靭化に絞られてきたことを意味します。
本委員会は、これまで、委員会報告会を2回、サステイナビリティフォーラムシンポジウムを8回実施しました。また、コンクリートサステイナビリティに関する国際会議を創設し、第1回を2013年に東京で、第2回を2016年にスペイン・マドリードで実施し、第3回は2021年にチェコ・プラハで開催する予定です。また、資格制度の提案を2回行いましたが、実現には至りませんでした。コンクリート・建設産業の現況からすれば、一刻も早くサステイナビリティに向けたシステムの構築が必要ですが、そうしたシステムを作るにはそれらを理解する技術者の育成が欠かせません。しかし、前段の関連活動をも含めて15年に亘る活動は終了することになります。
本報告会で、10年に亘る委員会活動の総括と今後の展望を考えることにより、委員会としての責任を果たすことにしました。喫緊の課題に対応するために我々に残された時間はあまり多くはないと思われます。コロナ禍で本報告会の開催が大幅に遅れ、かつ時間短縮でのライブ配信となりますが、関係各位をお誘いのうえ、ふるってご参加くださいますようよろしくお願い申し上げます。


1. 開催日時: 2021年3月24日(水) 13:00〜15:30
2. 配信方式: ライブ配信(Zoomウェビナー使用予定)
3. プログラム(予定):
13:00〜13:05 開会挨拶
河合研至(委員長、広島大学)
第一部(委員会報告)
13:05〜13:20 教科書WG報告
河合研至(前掲)
13:20〜13:30 環境意識向上方策検討(資格制度)WG報告
柳橋邦生(竹中工務店技術研究所)
13:30〜13:40 サステイナビリティフォーラム報告
川端裕司(大林組)
13:40〜13:50 議論 
河合研至(前掲)
第二部(講演:将来展望)
13:50〜14:10 講演「耐震設計の将来−何が変わる?」
楠浩一(東京大学地震研究所)
14:10〜14:30 講演「セメント・コンクリート産業の持続可能性へ向けた取組み」
片桐誠(太平洋セメント)
14:30〜14:50 講演「建設産業の将来を俯瞰する」
堺孝司(委員会顧問、日本サステイナビリティ研究所)
14:50〜15:30 議論および閉会の挨拶
堺孝司(前掲)
(内容および時間は、都合により変更することがありますので、あらかじめご了承ください。)
4. 参加費: 消費税込み、報告書(CD1枚)含む。
正会員(個人) 6000円
名誉会員・終身会員・フェロー会員※1 4000円
団体会員※2・後援団体※3・4・5 7000円
会員外 8000円
学生会員※6 4000円
学生会員外※6 5000円
※1 JCIの名誉会員・終身会員・フェロー会員の方はWebサイトから参加申込をする際に、必ず会員証のコピーをご提出ください。
※2 本学会団体会員の役員・職員
※3 後援団体の個人会員および役員・職員
※4 セメント協会加盟会社の役員・社員および同協会の役員・職員
※5 全国生コンクリート工業組合連合会、各地生コンクリート工業組合およびその組合員会社の役員・職員
※6 学生の方はWebサイトから参加申込をする際に、必ず学生証のコピーをご提出ください。
5. 申込方法:
1) 参加申込は、以下のWebサイトからお願いいたします。
参加申込用URL:
https://www.activenet.tv/jcicommittee/regist_sustainability21/
参加費のお支払方法(銀行振込)の詳細は、参加申込完了後にメールでご案内いたします。
*納入された参加費は、定員に達しお断りした時以外はお返しいたしませんので、あらかじめご了承ください。ただし、不慮の災害・事故等により配信が中止になった場合には、資料代金相当額を控除した額をご返金いたします。
2) 報告書(CD)の発送ならびに報告会参加用のURLおよびパスワードの通知は、開催日の1週間前頃を予定しております。
6. 申込締切: 2021年3月11日(木)24:00にてWeb受付を終了します。ただし、定員(130名)になった時点でも締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。なお、3月15日(月)までに参加費の支払いが完了していない場合には、参加申込は無効とさせていただきますので、ご注意ください。
7. 問合せ先: 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル12F
公益社団法人 日本コンクリート工学会
「サステイナビリティ報告会」係(担当:沖田)
TEL:03-3263-7204/FAX:03-3263-2115
E-mail:okita@jci-net.or.jp

ページの先頭へ