2020年度「コンクリート診断士試験」
合格者発表

公益社団法人 日本コンクリート工学会

2020年度コンクリート診断士試験は12月20日(日)、全国9か所の試験地において行われました。
コンクリート診断士試験委員会において試験の結果を慎重に審議し、資格・講習委員会の議を経て、理事会にて484名の方々を合格者と決定いたしました(合格率:全国平均16.3%)。
なお、合格者のうち登録申込みをされた方々には「コンクリート診断士」の称号を贈ることとなっております。
本年度の受験申込者は4,822名、当日の受験者は2,973名(欠席率38.3%)でした。

各試験地の受験申込者数・受験者数・合格者数・合格率は、次のとおりです。

試験地 受験申込者 受験者 合格者 合格率(%)
札幌 257 146 18 12.3%
仙台 468 273 41 15.0%
東京 1,503 910 171 18.8%
名古屋 679 418 65 15.6%
大阪 717 486 79 16.3%
広島 297 180 27 15.0%
高松 185 123 13 10.6%
福岡 630 370 59 15.9%
沖縄 86 67 11 16.4%
全国 4,822 2,973 484 16.3%

ページの先頭へ