コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針
—2013—

A4判(2013年刊行)
定価13,200円(税込)/会員価格11,000円(税込)
送料790円

申込先・申込方法はこちら

本学会では、コンクリートのひび割れに対して従来より調査・研究活動を行ってまいりました。すなわち、1980年に「コンクリートのひび割れ調査・補修指針」を制定、発表し、「補強」を加え、1987年に「コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針」さらに2003年に「コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針—2003—」を発表いたしました。
しかしながら、当初の指針作成からすでに30年以上経過し、周囲の状況も変化してきています。すなわち、土木や建築関係の基準類や規格類も大きく変化し、さらにひび割れそのものの調査、補修・補強などの技術も大きく向上しています。このため、時代に合致した斬新な内容で旧指針を全面的に改定し、特に、ひび割れに最も懸念を抱く所有者・管理者が対応できるよう見直しを行い、最近の各種事例を数多く収録するとともに、読者の便宜を考え索引を付した「コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針—2009—」を2009年に発表いたしました。その2009年度版での図、表や字句などの表現や誤植を直した「コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針—2013—」を発表することとなりました。
本書が、ひび割れに関心を有するオーナー、コンクリートに関連する業務に携わる技術者に大いに役立つものと確信しております。

【本書の内容】
第1章 総則
第2章 調査
第3章 ひび割れの原因推定
第4章 評価
第5章 補修・補強の安否の判定
第6章 補修・補強

事例46編
参考事例8編

ページの先頭へ