日本コンクリート工学会

ホーム > 出版物/JCI規準/論文投稿 > 日本コンクリート工学会販売図書一覧 > 日本コンクリート工学会販売図書一覧 > 3Dプリンティングによるコンクリート構造物構築に関する研究委員会報告書

日本コンクリート工学会販売図書一覧

図書案内

3Dプリンティングによるコンクリート構造物構築に関する
研究委員会報告書

A4判(CD-ROM付き)・185ページ(2021年刊行)
定価5,500円(税込)/会員価格4,950円(税込)
送料470円

申込先・申込方法はこちら

近年、3Dプリンティング技術を建設分野に応用する技術開発が国内外で精力的に進められています。本技術は、型枠不要で様々な形状を直接製作できることから、省力化や工期短縮等の生産性向上のみならず、構造最適化による設計の合理化や軽量化、多様なニーズに応える高付加価値な技術やサービスの提供に発展する可能性を秘めています。しかしながら、その実用化には様々な課題が残されていることも、また事実です。
土木、建築、材料分野の専門家が一堂に会して2019年度に発足した「3Dプリンティングによるコンクリート構造物構築に関する研究委員会(委員長:石田哲也・東京大学)」は、前身の「3Dプリンティングのコンクリート構造物への適用に関するFS委員会(委員長:丸屋剛・大成建設(株))」の活動成果をふまえ、さらなる国内外の最新技術情報や活用事例の収集、本技術の適用対象の明確化、メリット・デメリットの抽出と研究領域の絞り込み、共通試験の実施、関連用語の統一に向けた検討、詳細な技術開発ロードマップの作成、さらには次世代の研究者や技術者に向けた先進的な技術情報の発信や動機付けの提供など、技術発展と実用化に向けた技術基盤を整備することを目的として2年3ヶ月の活動を展開し、その成果を報告書としてまとめました。本報告書が今後の技術の発展、実用化、普及の一助となれば幸いです。

【目次】

1. 研究委員会の概要
1.1 設立背景と目的
1.2 活動概要
1.3 3Dプリンティングの優位性と建設の未来像
2. 3Dプリンティング技術の概要
2.1 Digital Fabrication技術の分類
2.2 建設分野における付加製造の意義と可能性
2.3 セメント系材料を用いた付加製造技術
2.4 期待される効果と課題
3. 付加製造(AM)に関する用語と定義
3.1 JISの用語
3.2 現状よく使用される用語一覧
4. 他産業における3Dプリンティングの活用と状況分析
4.1 はじめに
4.2 他産業における活用事例
4.3 3Dプリンティングの活用によるメリット・デメリットおよび活用法
5. セメント系プリント材料に関する文献調査と知見の整理
5.1 セメント系プリント材料に関する研究事例
5.2 特定項目に関する知見の整理
5.3 セメント系プリント材料に関する研究課題
6. 構造設計に関する文献調査と概念検討
6.1 構造設計に関する研究事例
6.2 3Dプリンティングならではの設計概念、構造性能予測
6.3 共通試験
6.4 構造設計に関する研究課題
7. 3Dプリンティングによるコンクリート構造物構築に向けた技術開発ロードマップ
7.1 目的および検討手順
7.2 技術開発ロードマップ
7.3 適用ターゲットと実施フェーズ
7.4 実適用に向けて想定される障壁
7.5 3Dプリンティングがもたらす未来への期待
8. 国内外における3Dプリンティングを用いた建設・製作事例
8.1 海外事例
8.2 国内事例
9. おわりに
付録 「建設用3Dプリンティング技術最前線と将来展望に関するワークショップ」配布資料

Copyright © Japan Concrete Institute All Rights Reserved.

トップに戻る