日本建築学会「鉄筋コンクリート部材の
構造性能評価の現状と将来」の概要
楠原文雄・河野進・北山和宏


概要:

2019年9月に日本建築学会から発刊された鉄筋コンクリート部材についての報告書について紹介する。梁・柱、柱梁接合部、壁、杭など各部材の挙動、部材損傷評価、構造性能の時刻歴変化など多様な視点からRC部材が根源的に有する損傷の考え方や構造性能の時間依存性の問題を取り上げた。設計業務や研究で参考とするべき事柄を紹介し、規準・指針を盲目的に信頼することの危うさや今後取り組むべき研究課題について説明した。

キーワード:
性能評価、復元力特性、変形性能、二方向入力、時間依存性、数値解析モデル

ページの先頭へ