山陽新幹線コンクリート構造物の
維持管理における新技術の活用に向けた取組み
堀慎一・小谷洋平・野村倫一


概要:
山陽新幹線は全線開通から45年が経過し、その間コンクリート構造物の維持管理に関する様々な取組みを行ってきた。今後人口減少が進むなか、引き続きコンクリート構造物を適切に維持管理して安全性を確保していくためには、新技術の活用によってさらなる生産性の向上を図ることが不可欠である。現在JR西日本では、検査業務の効率化や省力化および安全性の向上を目指してPC構造物の常時モニタリングを試行している。さらにドローンや画像解析および電気防食工法等の活用の検討を始めるなど、様々な生産性向上の取組みを進めている。本稿では、これらの新技術の活用に向けた実証的な取組みについて報告する。
キーワード:
維持管理、生産性向上、モニタリング、ドローン、画像解析、赤外線カメラ、電気防食

ページの先頭へ