ヒンジリロケーションRC梁への
筋違型ダンパーの適用の提案
毎田悠承・吉敷祥一・曲哲・坂田弘安


概要:
本稿ではRC梁に筋違型ダンパーである座屈拘束ブレース(以下、BRB)を取り付けるための接合方法を提案し、主として梁の降伏位置を梁端から遠ざけるヒンジリロケーション(以下、HR)技術に着目した実験を行った。実験パラメータは2種のブレース接合方法にHRの有無を組み合わせたものである。実験の結果、いずれの接合方法においてもブレースは梁より早期にエネルギ吸収を開始し、有効に機能した。また、梁主筋のひずみ分布からHRが設計通りに行えることが確認できた。さらに接合部挙動からHRを施すことでBRB接合部の変形を抑えることが可能であることを示した。
キーワード:
RC梁、ヒンジリロケーション、筋違型ダンパー、PC鋼棒、スタッド

ページの先頭へ