地下鉄トンネルに適した
コンクリート補修材料の評価システムの構築
田口真澄・小椋紀彦・上田洋・岸利治


概要:
開削トンネルの健全性は、漏水や浮き・剥離を順次補修することによって維持される。しかし、一度標準工法として定められた工法は東京地下鉄(株)では長年更新されておらず、新材料が導入されていなかった。また、補修を行った箇所において再劣化が発生する事例があった。そこで、止水工および断面修復工を対象として、箱型トンネルに適した補修方法を選定するために、要求性能および評価項目を定義し、母材コンクリートの劣化状況を考慮した補修方法の評価方法を考案した。加えて、実施工に導入する運用の流れを確立するに至った。これにより、迅速に新技術を導入できるようになった。
キーワード:
止水工、断面修復工、透水試験、付着強度試験、簡易注水試験

ページの先頭へ