フライアッシュセメントC種を用いたコンクリート
による地上式PCLNG貯槽の施工—北海道電力 石狩
LNG基地 No.4LNG貯槽(土木)増設工事—
宮下将典・服部直・西村貴志・桜井邦昭


概要:

国内最大級(容量23万kL)の地上式PCLNG貯槽の基礎版および防液堤の建設に、フライアッシュセメントC種を用いたコンクリートを適用した。事前に設計耐用期間50年を満足することを耐久性試験により確認し施工に供した。また、防液堤の構築では型枠と作業足場が一体となったシステム型枠や鉄筋およびシースのパネル化等を採用し作業を効率化した。本稿では、フライアッシュセメントC種を用いたコンクリートの配合選定および耐久性試験の結果、ならびに基礎版および防液堤の施工概要等を報告する。

キーワード:
地上式PCLNG貯槽、フライアッシュセメントC種、耐久性、防液堤、システム型枠、鉄筋パネル

ページの先頭へ