コンクリート工学 Vol.34,No.7
平成8年7月号

目次

特集*骨材問題を考える

【巻頭言】
高層RCの発展と課題
別所佐登志
  1. コンクリート用骨材の課題
    阿部道彦
  2. コンクリート用骨材の現状と課題
    骨材産業の今後のあり方について
    古川孝雄
  3. 種類別骨材事情
    3.1 砂利,砂
    竹島敏正
    3.2 砕石
    江良誠至
    3.3 軽量骨材
    藤木英一
    3.4 高炉スラグ骨材
    竹田重三
    3.5 フェロニッケルスラグ細骨材
    梶原敏孝・横山昌寛
    3.6 輸入骨材
    加藤均
  4. 地域別骨材事情
    4.1 札幌地区
    今井益孝
    4.2 仙台地区
    諸橋明
    4.3 新潟地区
    桑野秀雄
    4.4 首都圏
    東榊俊雄
    4.5 名古屋地区
    坂川守
    4.6 大阪地区
    大西良亮
    4.7 広島地区
    古井博
    4.8 高松地区
    石丸朝夫
    4.9 福岡地区
    田口茂久
    4.10 沖縄地区
    仲田康司・津堅智子
  5. 骨材流通の現状
    岸田誠
  6. 生コンクリート工場における骨材対策の現状
    吉兼亨
  7. 産業廃棄物を用いた骨材開発の現状
    7.1 再生骨材
    7.1.1 再生骨材-建設省の取り組み-
    河野広隆
    7.1.2 建設材料のリサイクル促進に関する運輸省の取り組み
    福手勤・横田弘・田中順・濱田秀則
    7.2 銅スラグ細骨材
    梶原敏孝・横山昌寛
    7.3 電気炉酸化スラグの骨材への利用
    沼田晉一
    7.4 石炭灰の骨材への利用
    飛坂基夫
    7.5 下水汚泥の骨材への利用
    渡部春樹
    7.6 ガラスカレットの骨材への利用
    山本達
    7.7 砕石汚泥などの骨材への利用
    大竹武
  8. コンクリートの完全リサイクルと骨材対策
    友澤史紀・野口貴文・大塩明・五十嵐達夫
  9. 骨材製造技術の現状
    長岡茂徳

ページの先頭へ