コンクリート工学 Vol.34, No.11
平成8年11月号

目次

特集*阪神・淡路大震災の教訓と今後の耐震技術

【巻頭言】
耐震技術の発展を願って
池田尚治

  1. 「阪神・淡路大震災の教訓と今後の耐震技術」に関する座談会
    1.1 座談会「阪神・淡路大震災の教訓と今後の耐震技術」-建物について-
    武田寿一・平石久廣・広沢雅也・福山国夫・矢野克巳・渡邉史夫・和田章(司会)
    1.2 座談会「阪神・淡路大震災の教訓と今後の耐震技術」-橋りょうについて-
    秋元泰輔・川島一彦・小寺重郎・田辺忠顕・丸山久一・前川宏一(司会)
  2. 代表的な被害例と被災原因
    2.1 建物
    2.1.1 はり降伏全体崩壊形の被害を示した建物(ジュネス六甲)の検討
    小谷俊介・松森泰造
    2.1.2 兵庫県南部地震におけるSRC造建物の被害分析
    南宏一
    2.1.3 SRC造25階建て集合住宅の被害と解析
    沢井布兆・江戸宏明・津田和明・高田香織
    2.1.4 神戸市におけるRC,SRC造建物の被害と構造耐震指標(Is)
    関松太郎・杉山公一・勝俣英雄・吉岡研三
    2.1.5 RC,SRC造建物の特徴的被害
    東端泰夫
    2.1.6 中層SRC造建物の被害と応答解析
    谷口元
    2.2 道路橋
    2.2.1 道路橋脚の被害とそのシミュレーション
    小野紘一
    2.3 鉄道構造物
    2.3.1 鉄道高架橋の被害と設計上の耐震性能
    石橋忠良
    2.3.2 地下鉄道構造物の被害と被災原因
    梅原俊夫
    2.4 港湾構造物
    2.4.1 港湾構造物の被害と被災原因
    清宮理・菅野高弘
  3. 耐震設計法・耐震的構造物の見直し動向
    3.1 建築学会・建設省
    3.1.1 耐震設計法の見直しに関する建築学会の動向
    野村設郎
    3.1.2 新建築構造設計体系における耐震設計
     -建築物の新しい耐震設計に関する建設省での検討-
    大橋雄二
    3.2 土木学会
    3.2.1 土木学会コンクリート標準示方書「耐震設計編」について
    岡村甫
    3.3 JCI
    3.3.1 耐震技術に関するJCI委員会の動向
    角田與史雄
    3.4 道路
    3.4.1 道路橋に関する耐震設計方の見直し
    中野正則
    3.5 鉄道
    3.5.1 鉄道構造物に関する耐震設計方の見直し
    西村昭彦
    3.6 港湾
    3.6.1 港湾構造物に冠す耐震設計方の見直し
    寺内潔・横田弘
    3.7 震技術
    3.7.1 エネルギー吸収型対(耐)震設計
    石丸辰治
    3.7.2 新しい耐震補強および減震
    中田愼介
  4. 既存構造物の耐震診断・補強技術
    4.1 建物
    4.1.1 建築物の耐震診断・補強技術の現状と課題
    中埜良昭
    4.2 道路橋
    4.2.1 被災コンクリート構造物の補修・補強ガイドライン(案)
    宮川豊章・八田吉弘・森田雄三
    4.2.2 阪神高速道路公団における橋脚の補修・補強
    安田扶律
    4.3 鉄道橋
    4.3.1 ラーメン高架橋の耐震診断と補強技術
    渡辺忠朋・松本信之

ページの先頭へ