コンクリート工学 Vol.35,No.11
平成9年11月号

目次


特集*仕様規定から性能規定へ


[巻頭言]
コンクリート技術の動向を考える
國府勝郎

  1. 総論
    1.1 建築における性能設計
    岡田恒男
    1.2 性能照査基準について-耐震設計-
    岡村甫
  2. 法規制における性能規定化の趣旨と歴史的位置付け
    大橋雄二
  3. 設計法のあり方
    3.1 構造設計のあり方
    3.1.1 建築構造の性能と構造設計
    和田章
    3.1.2 土木構造設計における性能照査基準の方向
    前川宏一・宮本幸始
    3.2 耐久性設計のあり方
    3.2.1 建築物の耐久性設計のあり方
    樫野紀元
    3.2.2 土木構造物の耐久性設計
    堺孝司
    3.3 コンクリートの配(調)合設計のあり方
    桝田佳寛
  4. 発注者の立場から
    4.1 高速道路管理者の立場から
    小坂寛巳
    4.2 鉄道構造物の設計・施工における性能規定
    石橋忠良
  5. 実務者の立場から
    5.1 設計実務者の立場から
    5.1.1 構造設計者の理想と現状
    大越俊男
    5.1.2 土木設計実務の立場から
    春日昭男
    5.2 施工の立場から
    5.2.1 建築施工の立場から
    安部重孝
    5.2.2 土木施工の立場から
    松岡康訓
    5.3 材料の立場から
    5.3.1 生コン製造の立場から
    西晴哉
    5.3.2 混和剤メーカーの立場から
    葉賀忠昭
    5.3.3 鋼材メーカーの立場から
    小山清一
  6. 日本経済に与える影響
    西川和廣

ページの先頭へ