コンクリート工学 Vol.36,No.7
平成10年7月号

目次


特集*コンクリート構造物のリハビリテーション


[巻頭言]
メンテナンス産業とコンクリート
魚本健人

  1. 総論
    1.1 リハビリテーションのすすめ ―コンクリート構造物のシナリオ・デザイン―
    宮川豊章
    1.2 劣化メカニズムとリハビリテーション
    武若耕司・濱田秀則・太田達見
    1.3 リハビリテーション関連指針・基準解説
    1.3.1 リハビリテーション関連指針・基準解説 ―土木―
    大即信明
    1.3.2 リハビリテーション関連指針・基準解説 ―建築―
    田中 斉
  2. さまざまな立場から見たリハビリテーション
    2.1 港湾構造物のリハビリテーション
    横田 弘
    2.2 日本道路公団のコンクリート構造物のリハビリテーション
    紺野義仁
    2.3 鉄道構造物の立場から見たリハビリテーション
    鳥取誠一
    2.4 公団住宅における外壁修繕
    本郷智洋・大沼正人
    2.5 ゼネコンから見たリハビリテーション
    小関喜久夫
    2.6 PCメーカーの立場から見たコンクリート構造物のリハビリテーション
    中村一樹
    2.7 Aビルの設備診断とリニューアル
    関 五郎
    2.8 診断関係コンサルタントから見たリハビリテーション
    広野 進
    2.9 Concrete -Our Ecological Friend
    R. Narayan Swamy
  3. リハビリテーションの将来への展望
    3.1 リハビリテーションと耐久設計
    3.1.1 リハビリテーションと耐久設計 ―建築のリハビリテーションに向けて―
    有川 智
    3.1.2 リハビリテーションと耐久設計 ―土木関係―
    堤 知明
    3.2 リハビリテーションと劣化診断
    3.2.1 コンクリート構造物のリハビリテーションと劣化診断技術 ―土木―
    渡辺博志
    3.2.2 リハビリテーションと劣化診断 ―建築―
    田村 博
    3.3 リハビリテーションと補修材料
    3.3.1 補修工法と補修材料
    出村克宣
    3.3.2 要求性能と選択システム
    守分敦郎・桝田佳寛・宮川豊章
    3.3.3 破壊力学と補修材料
    六郷恵哲・国枝 稔

ページの先頭へ