コンクリート工学 Vol.36,No.12
平成10年12月号

目次


[巻頭言]
コンクリートにおける科学と技術
川村満紀

[解説]
石炭灰を主原料とした高強度人工骨材
曾根徳明
電気炉酸化スラグのコンクリート骨材としての適用性
岩永健・渕上榮治・松岡滋樹・島津寛

[随筆]
コンクリートに音楽を
栗原和夫

[工事記録]
塩害を受けた大規模桟橋の総合補修計画に基づく補修
大野皓一郎・川田秀夫・福手勤・峰松敏和
超軽量コンクリートを用いた外装版工事
柿沢忠弘・中村正人・吉川一三
軽量コンクリートを用いた沈埋トンネルの製作-衣浦港トンネル沈埋函製作工事
丸岡初・田辺義夫・太田信之・佐藤善高

[文献調査]
微生物によるコンクリートの劣化
文献調査委員会(池尾陽作)

[さろん]
最近コンクリートについて考えること
山野宏

[国際情報]
The 2nd RILEM International Conference on Rehabilitation of Structures(コンクリート構造物のリハビリテーションに関する第2回RILEM国際会議)に参加して
秋山哲治
国際標準化機構第71専門委員会(ISO/TC 71)第7回総会報告
田辺忠顕・六郷恵哲

ページの先頭へ