コンクリート工学 Vol.37,No.1
平成11年1月号

目次


400号記念特集*コンクリート温故知新


[巻頭言]
新春を迎えて
仕入豊和

  1. 総論
    1.1 土木コンクリート技術の変遷と将来展望
    長瀧重義・久田真
    1.2 建築コンクリート技術の変遷と将来展望
    友澤史紀
  2. 各論
    2.1 土木構造物の過去・現在・未来
    中原康
    2.2 建築構造物の過去・現在・未来
    中根淳
    2.3 コンクリート土木構造物の設計方法の進歩
    池田尚治
    2.4 コンクリート建築構造物の設計方法の進歩
    渡邉史夫
    2.5 コンクリートの性能の推移と将来予測
    小柳洽
    2.6 セメントの種類・性能の推移と製造技術の進歩
    大塩明
    2.7 骨材の種類・性能の変遷と将来展望
    河野広隆
    2.8 混和材の種類・性能の変遷と将来展望
    笠井芳夫
    2.9 混和剤の種類・性能の変遷と将来展望
    戸田和敏
    2.10 コンクリートの配(調)合設計方法-普及コンクリート-
    阿部道彦
    2.11 コンクリートの配(調)合設計方法-高流動コンクリート・超硬練りコンクリート-
    國府勝郎・名和豊春
    2.12 コンクリートの製造方法・設備の進歩と展望
    魚本健人
    2.13 レディーミクストコンクリートの導入から将来展望
    西晴哉
    2.14 コンクリート施工技術(土木)の変遷と将来
    松岡康訓・大友健
    2.15 コンクリート施工技術(建築)の変遷と将来
    鈴木忠彦
    2.16 コンクリートの規格・規準の推移(建築・土木・JIS・ISO)
    辻幸和
  3. 資料編
    3.1 コンクリート技術の回想と展望-100号記念号回答者の再登場
    3.2 「続20年後のコンクリートを考える」アンケート調査結果報告
    3.3 コンクリートに対する認識調査
    3.4 コンクリート技術の変遷年表

ページの先頭へ