コンクリート工学 Vol.38,No.2
平成12年2月号

目次


[巻頭言]
コンクリートに求められる「3S」とは
関和富一

[解説]
新材料としての製鋼スラグ炭酸固化体
高橋達人
アンボンドキャッピングについて
吉兼亨・鈴木一雄

[テクニカルレポート]
モルタル・コンクリートの流動性に及ぼす高炉スラグの利用効果に関する一考察
角田忍・近田孝夫・永渕強
弾性体型枠を用いた意匠・機能性コンクリート
小林哲夫・鈴木裕明
微細金属添加によるコンクリート中鉄筋の耐食性向上技術
河田和久・阪下真司・濱崎義弘・杉本克久

[随筆]
時間の尺度
服部仁

[工事記録]
高強度のプレキャストコンクリートを使用した超高層集合住宅の施工
関口博・戸田光夫・萩原浩・梶田秀幸
PC逆ランガーバランスドアーチ橋の施工 ―徳島自動車道 池田へそっ湖大橋―
望月秀次・中野研一郎・中畦耕史・石原重孝

[委員会報告]
地震力を受けるRC構造物のポストピーク挙動に関するJCI特別講演会ならびに日米セミナーの概要
森泉和人

[文献調査]
コンクリート工事の工程-工費最適化に関する諸研究 ―コンクリート打込み作業への適用事例―
文献調査委員会(潮田和司)

[さろん]
小さな、大きな本との出会い
田中義一

[海外だより]
中国上海市の生コン事情
古谷敏男

[国際情報]
fib第1回シンポジウム(プラハ)に出席して
日紫喜剛啓
欧州規格原案 prEN206(コンクリートの仕様、性能、製造および適合性)
辻幸和
第8回構造物の欠陥と補修に関する国際会議
重石光弘

ページの先頭へ