超高強度鉄筋コンクリート柱の構造性能
熊谷仁志


概要:
最近、大都市部における超高層集合住宅の建設が活況を呈している。一般に建物が高くなると、その重量を支えるために柱の軸力が高くなり、高強度コンクリートの使用が必要になる。これまで国内で使用されたコンクリート設計基準強度の最高は100N/mm2 であり、今後もされなる超高強度化が進んでいくものと考えられる。本報告では最も重要な部材である柱に着目し、 90〜140N/mm2 の超高強度コンクリートを用いた実験データを収集して、耐力・変形性能などの主要な構造性能について検討を行っている。
キーワード:
鉄筋コンクリート柱、超高強度コンクリート、高強度鉄筋、構造性能

ページの先頭へ