コンクリート工学 Vol.39, No.5
平成13年5月号

目次


特別企画*コンクリート工事と品質管理


[巻頭言]
真向法と呼吸法の勧め
大和竹史

  1. 総論
    1.1 品質管理の重要性-建築の立場から
    嵩英雄
    1.2 品質管理の重要性-土木の立場から
    阪田憲次
  2. コンクリートの品質管理の現状と課題
    2.1 土木コンクリート構造物耐久性検討委員会の提言-三省(建設・運輸・農林水産)報告-
    芦田義則
    2.2 JR東日本におけるコンクリートの品質管理-欠陥構造物をつくらないために-
    古谷時春
    2.3 骨材製造について
    藤野順也・山崎建雄
    2.4 コンクリートの製造
    吉兼亨
    2.5 コンクリート工事の施工管理の現状と課題(土木)
    栗田守朗
    2.6 コンクリート工事の施工管理の現状と課題(建築)
    川口徹
  3. 各種コンクリート構造物の施工における品質管理の現状
    3.1 プレストレストコンクリート橋の施工における品質管理の現状と課題
    横田勉・渡辺浩良
    3.2 トンネル覆工コンクリートの施工における品質管理の現状
    伊藤哲男
    3.3 ダム
    吉田等
    3.4 CFT構造および高層RC造における品質管理の現状
    並木哲
    3.5 湾岸構造物-桟橋上部工事-
    芳野昇・山口正高・釣幸雄・黒江俊郎
    3.6 二次製品における品質管理の現状
    渡辺敬一
  4. 品質管理技術
    4.1 フレッシュコンクリートの単位水量
    片平博
    4.2 骨材のアルカリシリカ反応性の品質保証
    鳥居和之
    4.3 強度推定
    牛島栄
    4.4 鋼材
    吉野次彦
    4.5 打重ね部の一体評価〜許容打重ね時間間隔の管理について〜
    岡沢智・菅俣匠
    4.6 内部欠陥の品質管理技術
    讃岐康博
  5. 品質管理に関する国際基準(ISO/EN)
    鹿毛忠継

ページの先頭へ