コンクリート工学 Vol.39, No.9
平成13年9月号

目次


特集*コンクリート構造の実験


[巻頭言]
住宅の高層化をすすめよう
福澤公夫

  1. コンクリート構造物における実験の位置づけ
    1.1 概論
    1.1.1 建築分野 〜RC造建築構造物の構造実験について〜
    南宏一
    1.1.2 土木分野 〜コンクリート工学における実験および解析〜
    丸山久一
    1.2 実務と実験の関わり
    1.2.1 建築分野
    菅野俊介
    1.2.2 土木分野
    下村匠
    1.3 解析的研究と実験の関わり
    1.3.1 建築分野
    野口博
    1.3.2 土木分野
    二羽淳一郎
    1.4 教育と実験の関わり
    1.4.1 建築分野 〜私の試行錯誤〜
    市之瀬敏勝
    1.4.2 土木分野
    睦好宏史
  2. 建築構造物の実験
    2.1 地震荷重を想定した静的実験
    2.1.1 部材の実験
    松崎育弘
    2.1.2 架構の実験
    西村泰志
    2.2 地震荷重を想定した動的実験
    勝俣英雄・倉本洋
    2.3 地震荷重を想定した仮動的実験
    加藤博人
    2.4 長期荷重を想定した実験 〜コンクリート構造物におけるクリープと乾燥収縮〜
    佐藤嘉昭
    2.5 衝撃荷重を想定した実験
    河西良幸
  3. 土木構造物の実験
    3.1 橋りょうを対象とした実験
    川島一彦
    3.2 舗装を対象とした実験
    八谷好高・亀田昭一
    3.3 トンネルを対象とした実験
    小泉淳
    3.4 鉄道を対象とした実験 〜JR東日本における事例〜
    小林薫
    3.5 港湾構造物を対象とした実験
    横田弘
    3.6 地中構造物を対象とした実験 〜地中構造物に作用する荷重と変位を計測する〜
    末広俊夫・金津努・大友敬三・福本彦吉
  4. 構造実験を支える要素実験
    4.1 コンクリートの非線形性状
    4.1.1 圧縮・引張・曲げ・せん断実験
    野口貴文
    4.1.2 多軸圧縮下の応力−ひずみ特性の実験
    畑中重光
    4.1.3 引張り破壊特性の実験
    内田祐市
    4.2 補強材とコンクリートの付着・定着
    島弘・金久保利之
  5. 構造物に作用する力を調べる実験
    5.1 風洞実験
    久保佳延
    5.2 水理模型実験
    下迫健一郎

ページの先頭へ