コンクリート工学 Vol.42, No.1
平成16年1月号

目次


新年特別企画*続 若者とコンクリート


[巻頭言]
2004年の新春を迎えて
森田司郎

I.はじめに
1992年の世相とデータで見るこの12年
編集WG
アンケート実施結果報告―コンクリート工学の未来についてのアンケート調査―
編集WG
II.1992年
1.学校関係
1.1 大学
1.1.1 コンクリートとともに過ごしたこの12年
畑中重光
1.1.2 コンクリート技術者、研究者そして教育者としての12年
藤原浩巳
1.1.3 若い世代へ何をすべきか
河合研至
1.1.4 私とコンクリートと構造実験(続)
倉本洋
1.1.5 未完の材料コンクリート―可視化から脱セメント・脱スランプへ―
橋本親典
1.1.6 研究者生活から12年分の自己評価
宇治公隆
1.2 工業高等専門学校
1.2.1 教育界からの展望
市坪誠
2.企業関係
2.1 材料
2.1.1 コンクリートの多様性と進化
田中敏嗣
2.2 設計
2.2.1 続 コンクリート?!
津吉毅
2.3 研究関係
2.3.1 バーチャル対談:1992 vs.2004 vs.2016
香田伸次
2.3.2 今、想うこと―あれから12年たちました―
谷口裕史
2.3.3 コンクリートは語る
舟橋政司
2.3.4 コンクリートの施工評価、表面仕上げ材の接着強度推定に挑戦!
安田正雪
2.3.5 コンクリートと循環型社会
成田健
3.官庁・役所・公団関係
3.1 コンクリートへの期待
半野久光
3.2 コンクリート技術と「規格」
鈴木澄江
III. 2004年
1. 学校関係
1.1 大学
1.1.1 生活者の視点
上原子晶久
1.1.2 コンクリート構造物を取り巻く「境界問題」
牧剛史
1.1.3 コンクリートのマルチスケールと計算力学の可能性
永井学志
1.1.4 コンクリート構造物の地球規模的環境側面
田村雅紀
1.2 工業高等専門学校
1.2.1 私と高専とコンクリート
青木優介
1.3 大学院
1.3.1 未来に通じる火山礫を用いたコンクリートの研究
城門義嗣
1.3.2 良きことを学び・いつまでも美しくありたい―若者とコンクリート―
高野智宏
1.3.3 コンクリートの魅力
良國美涼
2. 企業関係
2.1 材料
2.1.1 コンクリート技術の課題と未来
丸屋英二
2.2 設計
2.2.1 コンクリートに携わる者として、今、想うこと
山口恒太
2.3 施工・管理
2.3.1 0.0007%の恋愛
大槻直紀
2.3.2 コンクリートについて
平喜夫
2.4 研究関係者
2.4.1 超高強度コンクリートと女性研究者
真田暁子
3. 官庁・役所・公団関係
3.1 コンクリートと私の寿命
蔵重勲
3.2 将来のコンクリート技術に思うこと
高橋良輔
3.3 後世に認められるコンクリートを目指して
小野聖久
3.4 コンクリートを診るということ
濱崎仁

ページの先頭へ