コンクリート工学 Vol.42, No.9
平成16年9月号

目次


特集*コンクリート技術への需要―現状と展望―


[巻頭言]
民間建物の耐震補強について想うこと
芳村学

[追悼]
國分正胤先生を送る
岡村甫

  1. 構造設計技術への需要
    1.1 現状と展望
    1.1.1 建築構造技術の現状と展望
    川端一三
    1.1.2 現状と展望(土木)
    三島徹也・小原孝之
    1.2 それぞれの立場から
    1.2.1 発注者の立場から(建築)
    時本和則
    1.2.2 橋梁設計における構造設計技術への期待
    水口和之
    1.2.3 コンクリートキャスク方式使用済燃料貯蔵施設
    白井孝治
    1.2.4 施工信頼性と品質向上を目指した超高層集合住宅のPCaRC造新使口構工法
    杉本浩一・森岡徹・江村勝・服部瑞穂
    1.2.5 構造設計の未来―コントラクターの立場から―
    渡辺泰充・藤田宗久
    1.3 研究者・国民の立場から
    1.3.1 研究者・国民の立場から(建築)
    堀田久人
    1.3.2 研究者・国民の立場から(土木)
    二羽淳一郎
  2. 材料技術への需要
    2.1 現状と展望
    現状と展望(材料)
    吉兼亨
    2.2 それぞれの立場から
    2.2.1 発注者の立場から(建築)
    長谷川拓哉・小島降矢
    2.2.2 設計・施工・発注者等に求められること
    黒谷努
    2.2.3 電力施設解体コンクリートの再利用に関する現状と今後の課題
    高橋智彦
    2.2.4 施工者の立場から(土木)
    河井徹
    2.3 研究者・国民の立場から
    2.3.1 コンクリートとその材料技術への需要―研究者・国民の立場(建築)から―
    高橋泰一
    2.3.2 コンクリート材料技術の未来
    堺孝司
  3. 施工技術への需要
    3.1 現状と展望
    3.1.1 現状と展望(建築)
    小柳光生
    3.1.2 現状と展望(土木)
    松岡康訓・新藤竹文・大友健
    3.2 それぞれの立場から
    3.2.1 都市機構賃貸住宅の維持管理および建設におけるコンクリート技術
    萩ノ谷克範
    3.2.2 ITを用いた施工および工事管理システムの導入―全面表面遮水壁型調整池造成における大規模土工工事での運用事例―
    田代幸英
    3.2.3 設計者の立場から(建築)
    木村正人
    3.2.4 施工技術への需要―設計者の立場から(土木)―
    藤田学
    3.2.5 材料生産者の立場から
    富田六郎・田中敏嗣
    3.3 研究者・国民の立場から
    3.3.1 急激に発展したコンクリートの施工技術と今後の研究開発
    和美廣喜
    3.3.2 安全・安心は施工の確実性から生まれる
    宇治公隆
  4. 価格・契約制度への需要
    4.1 現状と展望
    4.1.1 プロジェクト発注方式の多様化の現状と展望
    吉阪秀三
    4.1.2 技術を活かす制度のあり方―公共土木工事を中心に―
    小澤一雅
    4.2 それぞれの立場から
    4.2.1 設計者の立場から(建築)
    深澤義和
    4.2.2 設計者の立場から(土木)
    中井督介
    4.2.3 施工者の立場から(建築)
    親本俊憲
    4.2.4 施工者の立場から(土木)
    前田文男
    4.2.5 材料生産者の立場から
    副田康英

ページの先頭へ