コンクリート工学 Vol.44, No.5
平成18年5月号

目次


特集*最新コンクリート計測技術


[巻頭言]
コンクリート技術者の倫理と誇り
井上正一

I.総論
1.1 どのくらいよければよいのか
池永博威
1.2 非破壊検査の現状と今後の期待
魚本健人
1.3 計測機器の現状と展望
藤田数正・末吉良敏・松下博通
1.4 新幹線構造物における新しい計測技術の現状と今後の展望
関雅樹
2.材料分野の計測技術
2.1 フレッシュコンクリート
2.1.1 単位水量測定技術の現状と検査への適応性
片平博・渡辺博志
2.1.2 生コン製造における計測技術
稲林昌二
2.1.3 電磁波レーダー法によるコンクリート構造物の非破壊塩分量測定
名和豊春・胡桃沢清文
2.2 硬化コンクリート
2.2.1 超音波によるコンクリート品質の推定
森濱和正
2.2.2 ハンマ打撃によるコンクリート強度の推定
久保元・金田重夫・久保元樹・極壇邦夫
2.2.3 コンクリート水和過程の水分量モニタリング技術の紹介
平田隆祥・佐野禎・十河茂幸
3.構造分野の計測技術
3.1 汎用技術
3.1.1 磁歪型センサーを用いた鋼材の実応力計測
黒川章二
3.1.2 各種光ファイバセンシング技術とその応用
呉智深
3.1.3 電磁波レーダ法による比誘電率、かぶり厚さの推定
中村英佑・森濱和正
3.2 建築構造物
3.2.1 リニューアル工事における固体伝搬音の計測と室内騒音予測
阿部隆之
3.2.2 コンクリートの火害調査・耐火試験
吉田正友・阪口明弘
3.2.3 杭基礎の維持・管理および更新のための計測技術
阿部秋男
3.3 土木構造物
3.3.1 構造物診断作業の効率化を目的とした微動の非接触測定技術
上半文昭
3.3.2 鉄道トンネルの検査の自動化について
田川謙一・伊藤裕一・関雅樹
4. 施工分野の計測技術
4.1 PC押出し工法における反力の制御管理
石川善信・横山俊夫
4.2 三次元計測システムのPCaPC工事への適用
池田雄一・野村潤
4.3 コンクリート充てん検知システムとその応用技術
金子稔・安田正雪
5. 防災に関する計測技術
5.1 建築物の地震後の残余耐震性能評価
楠浩一
5.2 地震観測技術の現状と土木構造物における緊急点検への活用
大保直人・山野辺慎一・忽那幸浩
5.3 鉄道における新しい早期地震警報システム
中村洋光・佐藤新二・芦谷公稔

ページの先頭へ