コンクリート工学 Vol.46, No.1
平成20年1月号

目次


特集*都市機能を支えるコンクリート技術


[巻頭言]
新しい年を迎えて―JCIの課題―
友澤史紀

  1. 都市機能維持に関する様々な取組み
    1.1 鉄道コンクリート構造物の大地震時の都市機能維持への取組み
    石橋忠良
    1.2 高速道路における地震防災対策
    用害比呂之
    1.3 新潟県中越地震における病院建築物の地震被害と機能回復性
    向井智久・福山洋・福島順一・鴇田隆
    1.4 街としての業務継続計画 DCP (District Continuity Plan)
    水口雅晴
  2. 都市機能を支える健全性調査診断技術
    2.1 鉄筋コンクリート構造物の劣化・耐久性診断方法
    湯浅昇
    2.2 首都高速道路を支える調査診断技術
    下西勝・桑野忠生・桜井順
    2.3 衝撃振動試験法による鉄道橋梁下部構造物の健全度診断
    羽矢洋
    2.4 周辺環境改善に配慮した橋梁の振動計測技術
    讃岐康博
  3. 都市機能を支える補修・補強技術
    3.1 構造物が機能した状態で行える補修・補強技術
    3.1.1 土木分野における補修・補強技術
    (1) 港湾コンクリート構造物の供用に配慮した補修・維持管理技術
    羽渕貴士
    (2) 吹付け工法による道路橋コンクリート構造物の補修・補強技術
    横山和昭
    (3) ASRにより劣化したコンクリート橋脚の対策事例
    石井浩司・奥田由法・和佐田真悟・鳥居和之
    3.1.2 建築分野における補修・補強技術
    (1) 居ながら耐震改修工事の現状と課題
    鈴木仁・秋重博之・太田動・田子茂
    (2) プレキャストPC部材を用いた外付けフレーム耐震補強工法
    渡邊一弘・鳥谷部眞司・大井紀一・石井孝幸
    (3) 斜めPC鋼材を用いた外付け耐震補強構法
    関口智文・荒木玄之・田中恭哉・林田則光
    (4) 京都大学百周年時計台記念館の免震レトロフィット
    諸星雅彦
    3.2 短期間に行える補修・補強技術
    湿式吹付け工法による地下鉄構内の断面修復とその一体性
    平田隆祥・成田久・早川健司・青木茂
    3.3 周辺環境に配慮した補修・補強技術
    3.3.1 居ながら耐震補強―無アンカー耐震補強壁工法
    閑田徹志・丸田誠・森島洋一・前阪尚志
    3.3.2 隣接建屋内制御機器の正常運転を継続しながらの地盤改良工事
    船本憲治
    3.4 工事環境の制約が大きいケースの補修・補強技術
    超高層建築物における外装リニューアル工事の実態調査
    永井香織
  4. 都市機能を支える解体・再構築技術
    4.1 短期間に行える解体・再構築技術
    4.1.1 土木分野における解体・再構築技術
    (1) 高速道路橋の一夜間における架換え事例―1994年 東名三の宮橋の撤去架設工事―
    久保竜志
    (2) コンクリート構造物の発破解体
    畠山克美
    4.1.2 建築分野における解体・再構築技術
    (1) 「解体設計」の導入とシステム開発
    小山明男・菊池雅史
    (2) 各種解体工法の紹介
    鈴木宏一
    (3) 建築における既存地下躯体を利用した建替工事の現状と課題
    岡橋稔・岩清水隆・河野隆史・島野幸弘
    4.2 周辺環境に配慮した解体・再構築技術
    建物の安全解体技術:アスベスト自動化除去技術
    森直樹・長瀬公一・久保木久仁彦・大山能永

ページの先頭へ