躯体コンクリートの中性化抑制に寄与する各種仕上げ材の評価
浦川和也・古賀一八・親本俊憲・唐沢智之


概要:
コンクリートの表面に被覆される仕上げ材は、躯体コンクリートの中性化を抑制する効果があり、地球環境保護の関心が高まる中、構造物の長寿命化に貢献する材料といえる。また、中性化抑制効果に関して、適切な評価およびデータの共有化は、建設時・改修時を問わず重要である。BCS「躯体コンクリートの中性化抑制に寄与する各種仕上げ材の評価研究会」では、コンクリートを被覆する仕上げ材の中性化抑制効果を、既存の研究成果や実験値などを総合的に整理して客観的な評価提案を行うべく活動している。本報は、研究会で整理した既往の研究データおよび新たに実施した試験結果をもとに、中性化率および透気係数を指標として、各種仕上げ材の中性化抑制効果の大小を評価した結果を報告するものである。
キーワード:
コンクリート、中性化、仕上げ、中性化率、透気係数

ページの先頭へ