コンクリート工学 Vol.47, No.9
平成21年9月号

目次


特集*インフラをマネジメントする


[巻頭言]
我が国のコンクリート工学のさらなる国際化を目指して
睦好宏史

[追悼]
森田司郎先生のご逝去を悼む
西山峰広

  1. 総論
    1.1 インフラマネジメントの歴史概観
    宮川豊章
    1.2 良いインフラを造りうまく使うために
    河野広隆
    1.3 建築物のマネジメント
    野口貴文
    1.4 インフラ(コンクリート構造物)の環境マネジメント
    堺孝司
  2. 各論
    2.1 ストック事業のマネジメント
    2.1.1 鉄道におけるコンクリート構造物のマネジメント
    輿石逸樹・神谷弘志
    2.1.2 港湾ストックの戦略的マネジメントのために
    岩波光保
    2.1.3 NEXCO西日本における高速道路橋の維持管理の現状と今後の方針
    小川篤生
    2.1.4 河川管理施設のマネジメント
    金澤裕勝
    2.1.5 ダムの長期利用に向けた管理の現状
    三石真也
    2.1.6 電力設備のマネジメント
    堤知明
    2.1.7 UR賃貸住宅ストック再生・再編方針の策定
    木村健一
    2.1.8 自治体公共施設群の管理運営計画立案とその社会性評価
    武藤正樹
    2.2 新設事業のマネジメント
    2.2.1 良質な鉄道施設の整備のために―鉄道建設における構造計画―
    清水健志
    2.2.2 港湾における新設事業のマネジメント
    高橋宏直
    2.2.3 高速道路の橋梁建設を考える
    宮内秀敏
    2.2.4 河川・ダム構造物のインフラマネジメント概観
    堀口剛
    2.2.5 日本郵政におけるCREへの取組み
    齋藤隆司
    2.2.6 森ビルにおける中国プロジェクトへの取組みについて
    片田和範
    2.3 事業を実施する具体的なマネジメント
    2.3.1 鉄道営業線の近接施工―東海道新幹線の耐震補強を例として―
    岩田秀治
    2.3.2 港湾施設の維持管理と課題について
    山内浩・柏原裕彦・古川元一
    2.3.3 建設から維持管理にわたるコンストラクション・マネジメントについて
    水野和則
    2.3.4 ファシリティマネジメント(FM)—ユーザーサイドから行う経営的マネジメント—
    米川清水
  3. 公共調達と公民連携
    3.1 品質確保の意義と総合評価方式の課題
    小林康昭
    3.2 CM方式における発注と契約
    岡正信
    3.3 PRE戦略と公民連携の今と将来—民間事業者の視点から—
    山崎貴士
  4. これからの技術者に求められる課題
    4.1 社会の要請や学生のキャリアパスをふまえた土木系専門教育の在り方について
    大西弘志
    4.2 建築系大学院における建築企画・企画設計教育
    阿部浩和・服部邦比古
    4.3 建設会社におけるOJTについて
    本谷淳
    4.4 インフラのマネジメントにおける確率論手法の応用
    水谷守
  5. 我が国のインフラに求められる姿
    5.1 少子高齢化時代におけるインフラ経営の課題―特にアセットマネジメントに着目して―
    稲垣博信
    5.2 官民連携による公共施設整備運営の新たな事業手法
    日吉淳
    5.3 性能の不適合と維持管理—橋梁を中心として—
    阿部雅人
    5.4 地震防災の視点から見たインフラの性能目標
    有賀義明
    5.5 環境と調和する社会資本にむけて
    曽根真理
    5.6 市町村のインフラの維持管理のあり方
    山本泰彦
  6. 企業の法令遵守とコンプライアンス
    6.1 企業に求められる法令遵守と説明責任および社会的責任
    牛島栄

ページの先頭へ