コンクリート工学 Vol.50, No.9
平成24年9月号

目次


特集*建設業におけるIT革命最前線


[巻頭言]
授業のIT化への取組みと苦悩
梅原秀哲

  1. 総論
    1.1 建設業界におけるIT活用の動向—BIMによる社会システムの変革—
    木本健二
    1.2 インフラにおけるICTイノベーションの視点
    石川雄章
  2. 建築におけるIT活用の最前線
    2.1 BIM入門—現状と活用例—
    山下純一
    2.2 発注者としてのBIM活用
    石嶋健司
    2.3 設計者から見たIT革命最前線
    山梨知彦
    2.4 BIMを活用した情報渋滞の解消
    曽根巨充
    2.5 教育機関のIT最前線—BIMが拓く新しい建築教育—
    大西康伸
  3. 土木におけるIT活用の最前線
    3.1 土木事業の建設生産システム高度化に向けた次世代CALSの展開—国土技術政策総合研究所の取組み—
    青山憲明
    3.2 3次元モデルを活用した建設生産システム構築の試み
    田原孝・金子達哉・清水満
    3.3 大規模3次元数値解析手法を用いた道路トンネル拡幅部の地震応答解析
    土橋浩・堀宗朗・市村強・山田岳峰
    3.4 3次元技術がコンサルタントの役割を広げる
    森博昭・上田隆
    3.5 建設会社における情報化施工の最前線
    江本美奈子・五味篤暁
  4. 今後の展開(座談会)
    4.1 座談会『建設業におけるIT革命最前線』
  5. コンクリート分野における応用例
    5.1 タブレット端末を利用した配筋検査支援システム
    金子智弥
    5.2 コンクリートダムの総合品質管理システム
    西岡真帆
    5.3 土木構造物の品質確保と性能維持のためのIT活用
    田村隆弘
    5.4 PCグラウトの充填確認方法
    野島昭二
  6. 最新技術
    6.1 3次元レーザースキャナーによるコンクリート躯体の計測とその形状解析
    嘉納成男・石田航星
    6.2 実世界の仮想化,仮想世界の現実感表現
    大石岳史・池内克史
    6.3 ハイパフォーマンスコンピューティングを利用したRC構造物の大規模地震応答解析
    堀宗朗
    6.4 インフラ構造物の維持管理における光計測技術の応用—DICMによる全視野ひずみ計測とLDVによる振動計測—
    松田浩・伊藤幸広・出水享・牧野高平
    6.5 センサーとRFIDによる道路施設のモニタリング技術
    藤原博
<番外編>「近未来の建築」
大澤雄司・大澤瑞規

ページの先頭へ