コンクリート工学 Vol.51, No.1
平成25年1月号

目次


特集*コンクリート技術者の挑戦—不易流行の観点から—


[巻頭言]
平成25年を迎えて
魚本健人

  1. 総論:コンクリートに関わる不易流行—継承、改変と今後—
    1.1 技術の継承、改変と今後
    1.1.1 多相材料としてのコンクリート
    長瀧重義
    1.1.2 施工に関する技術の継承、改変と今後
    友澤史紀
    1.1.3 土木構造物に関する技術の継承、改変と今後
    阪田憲次
    1.1.4 建築物における構造体コンクリートの強度に関する基準の変遷
    桝田佳寛
    1.2 教育の継承、改変と今後
    1.2.1 教育における継承、改変、そして今後—土木分野を例として—
    宇治公隆
    1.2.2 教育における継承、改変、そして今後—建築分野を例として—
    小山明男
  2. 要素技術に見られる不易流行
    2.1 材料の使用に関する継承、改変と今後
    2.1.1 セメントクリンカーの将来を探る
    藤原浩已
    2.1.2 骨材
    阿部道彦
    2.1.3 混和材
    名和豊春
    2.1.4 化学混和剤
    坂井悦郎
    2.2 設計の継承、改変と今後
    2.2.1 橋梁の設計
    石橋忠良
    2.2.2 耐震設計の進化の経緯に関する探究
    池田尚治
    2.2.3 港湾構造物の設計
    横田弘
    2.2.4 電力施設構造物—コンクリートダムと原子力発電所屋外重要土木構造物—
    金津努・西内達雄
    2.2.5 中・低層鉄筋コンクリート造建築物の設計(共同住宅を中心に)
    飯塚正義
    2.2.6 高層コンクリート建築物の設計
    小室努・服部敦志
    2.2.7 合成構造による建築物の設計—設計規準類の変遷と今後の展開—
    福元敏之
    2.3 施工の継承、改変と今後
    2.3.1 生コンクリートの製造、設備・機械
    吉兼亨
    2.3.2 運搬、打込みおよび締固め
    栗田守朗
    2.3.3 品質管理と検査における不易流行
    十河茂幸
    2.4 維持管理の継承、改変と今後
    2.4.1 道路構造物の維持管理
    紫桃孝一郎
    2.4.2 建築物の維持管理
    黒田泰弘
    2.4.3 インフラ資産のアセットマネジメントの現状と将来展望
    小澤一雅
  3. 構造物・建造物に見られる不易流行
    3.1 古代ローマ・コンクリートから学べること
    久田真
    3.2 高速道路のコンクリート橋技術
    宮内秀敏
    3.3 鉄道高架橋(東海道新幹線から最近の高架橋)
    大庭光商
    3.4 最近の沈埋トンネル工法と充てんコンクリートの浮遊打設について
    羽田宏・小笠原哲也
    3.5 シニアエンジニアという生きかた—ベトナムの現場から—
    渡辺泰充
    3.6 発電所関連の構造物
    三宅淳一
    3.7 いつの時代も変わらないもの
    陶器浩一
    3.8 文化財(煉瓦建造物)の保存技術への挑戦
    畑中重光・長谷川哲也

ページの先頭へ