NATMトンネルの
二次覆工コンクリートを対象とした
目視調査に基づく表層品質評価手法の適用と
表層品質向上の取組み
渡邉賢三・坂田昇・細田暁・佐藤和徳


概要:
NATMトンネルの二次覆工コンクリートは、部材が薄く、セントル型枠と地山との閉鎖空間にコンクリートを充填する施工の難しい部位である。その施工の難しさも一因となって、供用されている構造物では様々な変状や不具合が散見されている。そこで、新設の構造物では覆工コンクリートの表層部の品質を目視調査に基づいて合理的に評価する方法を用いてPDCAサイクルを回し、品質向上を図る試みがなされている。本報告では、東北地方で建設されたNATMトンネルの二次覆工コンクリートを対象として、目視調査に基づく表層品質評価の結果に関する分析および品質確保・向上に関する試みについて現場の事例について紹介する。
キーワード:
覆工コンクリート、表層品質、目視調査、目視評価、PDCA

ページの先頭へ