コンクリートのこわばりを低減する化学混和剤の効果
根本浩史・平野修也・伊達重之・橋本紳一郎


概要:
本稿では、実施工で問題となるコンクリートを一旦静置させた場合に流動性が著しく低下する現象を「こわばり」と称し、その発生メカニズムについてセメントペーストを撮影した顕微鏡画像を基に仮説した。そして、セメント粒子の凝集を抑制する化学混和剤(こわばり低減剤)を開発し、その効果を各種試験を通じて検証した。検証試験において、ベーンせん断試験という簡易試験によりコンクリートのこわばり度合いを数値化することを試みた。さらに、各種施工性能試験を通じて、こわばりが実施工に影響する可能性を確認し、こわばり低減剤を適用して高密度配筋部への充填性向上や繊維補強覆工コンクリートでの施工性改善に貢献した事例を紹介する。
キーワード:
フレッシュコンクリート、こわばり、セメントの凝集、化学混和剤、ベーンせん断試験、回転粘度計、施工性能

ページの先頭へ