桂川右岸流域下水道雨水対策事業
〜いろは呑龍トンネルと呑龍ポンプ場〜
齋藤匠・林富士男・熊谷博明


概要:
京都府では桂川右岸地域における浸水被害を解消するため、平成7年度から雨水対策事業として、雨水貯留用の地下トンネルである「いろは呑龍トンネル」の整備を進めている。全長約9.2kmのトンネルは、供用済の北幹線と平成31年3月に工事が完了した南幹線から成り、国道および府道の地下約20〜30mにシールド工法により整備をしている。南幹線は令和2年度の暫定供用開始を目標としており、管内に貯留した雨水を直接桂川べ排水する呑龍ポンプ場の工事を現在進めている。呑龍ポンプ場の地下部分は、深さ約40mのコンクリート構造物を構築するため、ニューマチックケーソン工法を採用している。本稿は、事業概要と呑龍ポンプ場の工事状況について、報告を行うものである。
キーワード:
桂川右岸流域、雨水対策事業、呑龍ポンプ場、ニューマチックケーソン工法、高流動コンクリート

ページの先頭へ