コンクリート基本技術調査委員会 
コンクリート工WG報告書
—打込み上面の仕上げの要領—

A4版・25ページ(2020年刊行)
定価 1,320円(税込)/会員価格 1,188円(税込)
送料 280円

申込先・申込方法はこちら

コンクリート基本技術調査委員会では、コンクリート関連の基本的な要素技術や技術的課題を特定テーマとして取り上げ、テーマに精通した実務経験者を中心とするワーキンググループ(WG)において、既存の関連情報を収集・整理するとともに、現場の実情なども考慮した技術等の在り方について基本に戻って再検討しています。

コンクリート工WGの活動成果となる本要領では、まず、「コンクリートの打込み上面の仕上げ」の実務で用いられる様々な用語を整理し、わかりやすく解説しました。次に、仕上がり面の用途に応じた仕上げの仕様(種類)を示し、その仕上がりに至るまでの段階・手順を表やフローチャートに整理しました。そして、打込み上面の仕上げ作業および管理に関する9つのポイントを具体的に記述しました。
仕上げの良し悪しは、コンクリート構造物の表面に求められる様々な性能を左右する重要な要因です。本要領が、発注者、元請の建設会社、仕上げを行う専門業者といった、コンクリート工事に携わる多くの皆様に、「仕上げの共通認識を形成する際の参考書」として活用されることを願っております。

【目次】

1章 用語の解説
2章 仕上げの流れ
3章 仕上げの仕様(種類)
4章 仕上げのポイント
【ポイント1】仕上げの仕様,手順を明確にしておく
【ポイント2】仕上げを含めた作業全体が円滑に進むように計画する
【ポイント3】仕上げ作業に適した環境をつくる
【ポイント4】しっかりと締め固めてから均す
【ポイント5】所定の形状寸法と高さに均す
【ポイント6】しっかりと押さえる
【ポイント7】こて仕上げの時期を見極める
【ポイント8】ひび割れが生じたらタンピングを行ってひび割れをなくす
【ポイント9】養生作業に速やかに引き継ぐ

ページの先頭へ